一年か二年か

声優という仕事は、いろいろな技術や演技が必要となってきますので、独学で学んでいくということはおすすめできません。
どこかの養成所やスクールに通うということが一般的だといえるのではないでしょうか。
声優を学べる学校は多くありますが、授業内容もいろいろだといえるでしょう。
ダンスや歌なども学べる学校がありますので、さまざまな分野のことが勉強できて感性を磨くことも可能となっています。
さらに、プロの講師に習うことができるので、プロの技術を見ることもできます。
また、専門学校に通うと、声優以外の学科も設置されていることが多いので、他の職業を目指す人たちとも交流する機会があります。
違う職業を目指す人たちの考えや作品に触れることで、また違った面で感性を磨くことができるといえるでしょう。

声優を学ぶために学校に通っているということだけで安心してはいけません。
日々の自己練習というのも大切になってきます。
友達などに自分の演技をみてもらってアドバイスをもらうというような工夫をすると、多くの人の意見が聞けてメリットが大きいです。
また、何度も人前で演技をすることによって、慣れるということもあります。
この慣れというのは、上手になっていく過程として重要だといえるでしょう。
特に、緊張してしまうという人は、何度も人前で練習していくと、「慣れて緊張もさほどしなくなる」ということもあるかもしれません。
また、改善できた点だけを書いていくというのも、モチベーション維持には効果的です。
「今日はここを褒められた」というように、日記のように書いていくということも精神的にメリットが大きいかもしれません。